ネズミ駆除で住宅や家族を守ることができる

ネズミ駆除で住宅や家族を守ることができる

鼠と罠

害をもたらす小さな侵入者

排水口や換気扇などの小さな隙間からでも、ネズミは侵入してきます。また、賢い生き物のため、棲家として根付くまで、侵入に気付かれない事も多々あります。そのため、屋根裏で運動会をしていたりします。

ネズミ

そのままにしておくと被害が拡大する

ネズミは床下や屋根裏に巣を作ります。そのため、人間の生活空間で姿を見ることは滅多にありません。それは、ネズミの習性にあります。人間が寝静まった時や家を留守にしている間に、ネズミは姿を見せます。また、慣れてくると子供や老人など、自分達を撃退しないであろう人間に噛み付いたりする事もあるのです。

ねずみ

火災などを引き起こすねずみ被害

ネズミは自分の歯を削るために、様々なものにかじりつきます。建築材はもちろんなのですが、時には電気コードなどもかじります。その時に怖いのが、かじられた電気コードからの放電です。この放電で、火災を引き起こした例もあります。そのため、大きな被害が出る前に、ネズミ駆除を行う必要があるのです。

ねずみが引き起こす被害案件の順位

鼠
no.1

断熱材などの家財を傷つけられる

多くの種類のネズミが、とても寒さに弱い生き物です。そのため、住宅の中にある断熱材は、ネズミにとっては最高の素材となります。その断熱材を利用して巣作りを行うため、気付いたときにはボロボロになってしまった断熱材が出てくることもあります。

no.2

台所の生ゴミや食べ物が入った袋を破られる

家ネズミは、様々なものを食べる雑食性が主です。そのため、野菜などだけでなく、生ゴミなども食べます。また、ビニールなどを簡単に引きちぎる事ができるため、米なども狙われやすいです。

no.3

人間に噛み付くなどの人的被害

家の中を動き回る事に慣れたねずみは、人間の中でも特に力の弱い赤ん坊や老人などを、賢く認識します。雑食性のねずみは、もちろん肉も食べることができるため、人間に噛み付くこともあります。また、そのケガから菌が入り込めば、様々な病気を引き起こします。