床下換気扇で虫の侵入対策もできるが呼び寄せることもある

床下換気扇で虫の侵入対策もできるが呼び寄せることもある

散布機

床下換気扇が取り付けられる理由

日本は湿気がとても多い国です。そのため、家の床下などは、きちんとした換気を行わなければ、湿気がこもり、建築材を弱らせてしまいます。さらに、湿気が好きな虫を呼び寄せるため悪循環になっていくでしょう。そんな湿気を出し、空気を巡回させる役割を持っているのが、床下換気扇になります。

作業員

床下は侵入しやすい場所

床下換気扇は、建築材を守るために必要なものですが、管理や対策を怠ると、すぐに動物や昆虫の侵入口として利用されてしまいます。また、家に侵入する動物や昆虫の多くが、狭い隙間から好んで入り込むため、注意しなくてはなりません。

作業員

対策は業者にお願いしてみよう

床下換気扇から動物や昆虫が侵入しないように自分で対策を試みるのも大切ですが、手段を間違えたりすると、対策の効果が出ない事もあります。そのため、業者にお願いすることで、侵入対策を行うのもいいことです。

床下に住み着き害をもたらす生き物を比較してみよう

住み着くことで建築材を傷付けるねずみ

ねずみの中には、床下に住み着く種類も存在します。そのため、住み着いていても気付かれにくい場所といわれており、気付いたときには建築材がボロボロになっている事も少なくありません。

弱った建築材を食べてしまうシロアリ

シロアリは湿気や水気で弱った木材を巣にします。そのため、床下の建築材はとても住み心地がいい場所になります。また、巣にしている木材を内側から食べるため、見た目では立派なものでも、叩いてみると空洞音が聞こえるなどの耐震性にまで影響する被害を与えるのです。