駆除対象となっているアライグマはなぜ日本にいるのか

駆除対象となっているアライグマはなぜ日本にいるのか

アライグマ

日本に生息していなかったアライグマ

アライグマは、元々日本には生息していない生き物です。しかし、ペットブームの際に輸入されてきました。しかし、飼いにくさなど様々な理由から捨てられてしまい、野生化したと考えられています。また、天敵のいない日本では、数が減ることがないため、現在も数を増やしています。

あらいぐま

アライグマの様々な被害が報告されている

アライグマは雑食性のため、様々な物を食べることができます。そのため、果物や野菜などを食べるため、畑を荒らすこともあります。また、魚や小動物も食べるために、日本在来種の生態系も脅かす存在として、現在では「特定外来種」に認定され、駆除対象となっています。

アライグマ

飼育することはとても難しい

アライグマは可愛らしい見た目とは違い、とても気性が荒い動物です。また、運動能力も高いため、檻の中にいても隙を見て逃げ出すこともあります。そのため、室外での飼育はとても難しくなります。その上品種改良がされていない個体のため、人間に懐くことも滅多にありません。

アライグマが引き起こす被害

  • 畑を荒らす
  • 生態系を崩す
  • 人間に噛み付く
  • 様々な病気を持つ