ねずみ駆除を業者に依頼してみよう

ねずみ駆除を行う際に、ねずみの捕獲はもちろん、巣の撤去や糞などの掃除、侵入経路の遮断など、様々な事を行わなくてはなりません。自分で全てをやるとなると、時間もかかってしまいます。そのため、業者に依頼する事で、適切な対処を行ってくれます。

業者にねずみ駆除を依頼する流れ

鼠

駆除業者に連絡を入れる

ねずみを見つけたら業者に連絡を入れましょう。どのような大きさだったか、どこで発見した、もしくは気付いたかを伝えることで、調査で必要な道具などを前もって知ることができるため、スムーズに調査できます。

作業員に調査に来てもらう

ねずみ駆除に詳しい作業員が、調査に訪れます。この時にねずみの棲家や規模、数などを確認することができればいいのですが、警戒心の強いねずみは、姿を見せないことが殆どです。

調査内容を元に見積もりを出す

棲家を見つけることができれば、その周りの生活状況を確認します。糞の量や巣の大きさなどを見て、どれだけのねずみがいるかをおおよそで推測します。そこから、見積もりを作っていきます。

見積内容のプランで駆除開始

見積書を確認してもらい、プランに問題がなければ契約を行い、作業に進みます。また、最初はどういった状態かを確認するため、モニターする業者が多くなっています。

ねずみ駆除には時間がかかることもある

ねずみは警戒心も高い上、賢い動物です。そのため、なかなか罠にかからなかったりします。また、ねずみの数などによっては、全て駆除するのに時間がかかってしまう場合もあります。

ねずみ駆除に使用される道具

  • 粘着板
  • 毒餌
  • 籠罠

ねずみ駆除は素人がやるよりも業者にお願いすることが効果的

鼠と罠

種類によっては棲家が変わる

ねずみは様々な種類が存在し、家の中に侵入するねずみにも、習性が違うものが存在します。屋根裏に巣を作るねずみも入れば、床下に巣を作るねずみもいます。そういったことから、棲み処を探すことに一苦労するでしょう。しかし、業者は種類や習性を知り尽くしているため早く見つけて対策へ進むことができます。

ネズミ

様々なねずみがいっぺんに住み着く事もある

ねずみは他の動物と違い、強い縄張り意識を持たないことがあります。そのため、同じ敷地内でも、数種類のねずみが住み着くことがあります。また、ねずみの縄張りは尿などの匂いによって分けられるため、そのテリトリーを避けることで喧嘩せずに過ごせるとされています。

ねずみ

一度駆除しても戻ってくる可能性

ねずみ駆除でねずみがいなくなっても、時期などによってはまた別のねずみに巣を作られることがあります。そのため、駆除をした後の対策もきちんと考えなくてはなりません。業者なら、駆除後の対策までしてくれるため、安心でしょう。

駆除した後も対策を心がける事が大切

業者に駆除を依頼した際には、完了後に様々なアドバイスをもらうことができます。小さな対策でも行っていれば、ねずみの侵入を防ぐことができるため、地道に取り組んでいくことが大切です。